ヒューマンエラーによる小さな事故が多発していた、A工場

ヒューマンエラーを危惧した工場長は、
就業規則の見直しや、管理体制の強化、
社員研修や訓練等を実施。
しかし、工場長が期待するような
ヒューマンエラーによる事故の減少には、
つながりませんでした。

頻発するヒューマンエラー。工場長が様々な施策を講じるも変化なし。

工場長は、工場の生産性を上げながらも、従業員が安心して働くことの出来る環境を整えたい。そういう思いで安全管理に力を入れていました。

ヒューマンエラーによる小さな事故を未然に防ぐために、就業規則の再考、現場管理体制の強化、安全教育や訓練を実施するなど、工夫を凝らした様々な防止対策を講じました。しかしながら、大きな効果はみられず、事故件数はわずかな減少に留まりました。
職場環境の改善、教育・研修の強化だけでは防ぎ切れない小さな事故をなくすためにはどうすれば良いのか。それが大きな課題でした。 

これまでのやり方では、ヒューマンエラーの原因が特定できない。

事故を減らすための新しい取り組みとして、工場の職場環境だけではなく、職場で働く作業員という人材を見つめ直すことにしました。ヒューマンエラーの原因究明のため、今までとは異なり、視点を人の内面へ移したのです。

Performance Cloudを活用、その分析でヒューマンエラーの原因を特定。
すぐに対策プログラムを作成。

そこで人材情報をもとに Performance Cloudを活用して分析を行いました。
作業チーム内の上司とチームメンバーの相性や人間関係、各作業員のメンタルヘルス状況を確認するなど、あらゆる角度から分析をしました。
そして、ミスの少ない作業員と不注意によるミスを起こしやすい作業員に共通の傾向があることが、それぞれの資質や働き方の比較により見えた分析結果から、ヒューマンエラーを起こしやすい人材タイプが定義されました。

その各人材に、単なる安全管理の教育ではなく、個別の人材情報を踏まえた訓練プログラムが設定できました。 また、チーム構成がヒューマンエラーの発生に影響することも判明したため、人間関係やメンタルケアの観点も踏まえたチーム配置を実施しました。

その後、組織を抜本的に見直す「事故防止対策」を実施。

管理職には、部下の人材情報を踏まえたマネジメント方法の個別指導を。
職場環境へは、人材情報の両面からヒューマンエラーの原因を特定し、それぞれ現場で防止対策を徹底しました。加えて、今後のヒューマンエラーの予防対策として、配置や採用段階においても人材情報を重視した適正配置を実施する事になりました。

結果、ヒューマンエラーによる事故削減という目標を達成!

半年の月日をかけた様々な対策の効果測定を行った結果、前年比マイナス92%を達成。
これはA工場にとって革命的な結果となりました。

Performance Cloudを活用した今回のヒューマンエラーによる事故防止対策方法。

分析による原因の特定

・今後、ミスをしそうな人材タイプの割り出し ・メンバーのメンタル状況
・チームの相性や人間関係  ・個人にあわせた教育内容
・ミスをしやすい人しない人の資質と働き方の違い

原因からの人事異動などの施策

・管理職に対して、部下のマネジメント方法を個別に指導
・スキルや職場環境など、ミスをする理由から施策を明確に
・採用基準、配属基準が明確になり、部 門の壁を越えた異動

結果、工場での事故が前年比マイナス92%削減。

CYDASについてお気軽にお問い合せ、ご相談ください。

具体的な導入は決めていないけど、自社で利用するとどうなるのか、そんな疑問もお尋ねください。

  • 詳しい資料もご用意しております 資料請求・お問合せ
  • 実際の画面でお試しください 無料トライアル申し込み
  • 1分で分かるタレントマネジメントの魅力 ダウンロード

お電話は専用窓口へ

0120-550-273

お電話が繋がりにくい場合は、03-6435-3953

受付時間/ 平日9:00〜19:00(年末年始を除く)

CYDASを有効的にご利用いただく為に、パートナー企業と協業を進めています

パートナープログラム
資料は無料でお送りしております
ページの先頭へ